TOP 弁護士 B型肝炎訴訟 手続きをして受け取るB型肝炎給付金

コンテンツ一覧

  1. 手続きをして受け取るB型肝炎給付金
  2. B型肝炎給付金と税金
  3. B型肝炎訴訟による国民の訴え
  4. B型肝炎給付金を請求する場合
  5. B型肝炎給付金というのは何なのか
  6. 大手弁護士が扱うB型肝炎給付金
  7. 政府が和解勧告受け入れる方針を確認 B型肝炎訴訟
  8. 絶対に損しない!B型肝炎給付金請求の弁護士費用について

手続きをして受け取るB型肝炎給付金

B型肝炎給付金の対象者は、集団予防接種の際に注射器を使い回されたことでB型肝炎に感染した方、またその方から母子感染した方です。

厚生労働省によると、病気の重症度にもよりますが50万から3400万円程度の給付金になるようです。もちろん、自動で受け取れるわけではありません。自分が対象者だった場合、裁判所での所定の手続きが必要になります。

書類の種類や手続きの順序など不安になるかもしれませんが、B型肝炎に関する専門家がいるので心配ありません。B型肝炎給付金を得意とする弁護士や法律事務所が多々あるので、一度相談してみるといいでしょう。

B型肝炎給付金とB型肝炎訴訟関連

B型肝炎給付金と税金

B型肝炎訴訟で多大な金額が給付されることもあることでしょう。そう言った場合、税金が相応にかかるのではないかと不安になってしまいます。ですがB型肝炎給付金は国税庁のサイトに非課税として記載がされているため問題ありません。これは、B型肝炎ウイルスに感染した人に支払われる損害賠償金であるためです。

もし、被害者が死去したあとでも、遺族に対して直接支払われるので相続税にはなりません。もっとも、予防接種に来てウイルスに感染したのに、税金で引かれるなんてことがあったら、またトラブルになってしまうので気を付けておきましょう。

B型肝炎給付金請求ナビというサイトを知っていますか?このサイトではかなり詳しくB型肝炎給付金について知ることができます。もし、B型肝炎が集団接種が原因かもと思っている方は一度ちぇっくしてみてください。一度、弁護士に相談したがうまくいかなかったという方も弁護士法人みお綜合法律事務所に相談してもいいかもしれません。

https://www.bgata-kyufukin.com/

B型肝炎訴訟による国民の訴え

昭和23年から昭和63年にかけておこなわれた集団予防接種の際に、注射器を連続で使用したことで多くの方々がB型肝炎ウイルスに感染するという悲劇的なでき事が起きました。

感染被害者たちは、将来いつ発症するかと不安になったり、慢性肝炎・肝がんなどの病気で苦しんでいました。そのため、被害者たちがB型肝炎訴訟を起こして、国の法的責任に基づく損害賠償等を求めた裁判が始まったのです。しかし、当時の国・厚生労働省はこれを拒否するなどして、紆余曲折はありましたが正式に基本合意が成立しました。

B型肝炎訴訟を起こしてくれた方々のおかげで、のちにB型肝炎給付金に繋がっていったのだといわれています。

B型肝炎給付金を請求する場合

過去に集団予防接種などによって、B型肝炎ウイルスに感染した場合、B型肝炎給付金を受けられます。給付金を受ける場合、満7歳までに集団予防接種を受けた事を母子手帳や摂取痕などで証明できること、予防接種以外で感染経路がないことなどを証明しなければなりません。

また、母親が1次感染者で母子感染による2次感染者も対象になります。感染者が亡くなっていても、遺族が訴訟を起こすこともできます。B型肝炎給付金を受けるには、訴訟を起こさないといけません、期日は平成34年1月12日までです。個人でも訴訟を起こせますが、やはり専門知識をもった弁護士に相談したほうが良いと思います。

大阪で法律事務所を探すなら「法律事務所 大阪」でググりましょう。

B型肝炎給付金というのは何なのか

近年、CMや電車の広告などでB型肝炎給付金またはその訴訟について目にする機会が増えました。

そもそも、B型肝炎給付金制度というのは何なのでしょうか。
これは、昭和期の集団予防接種の際、注射器が連続使用されたことでB型肝炎ウィルスに感染した方を対象として、国から支払われる賠償金を指します。

幼少期に集団予防接種を受けた方、もしくは母子感染などで二次または三次感染した方、そしてその遺族が対象となります。この集団予防接種が原因でのB型肝炎のウィルス感染者は最大で40万人居るとされており、給付金制度を用いて保障をしているのです。

大手弁護士が扱うB型肝炎給付金

自分で手続きを行う事もできますが、B型肝炎給付金について自分で行う事が難しいと感じられる様であれば、大手弁護士に相談するのもいいでしょう。

法律家は自分の専門分野以外は扱わないとしている人もいますが、大手弁護士であれば、B型肝炎給付金について対応している可能性が高いと思われます。

大手弁護士であれば、名前くらいは把握している人が多いので、B型肝炎給付金について相談する際は、詳しい情報を確認して、連絡すると依頼する事ができます。

大手弁護士にB型肝炎給付金について相談すると、弁護士を探したりする必要はありません。大手弁護士なら安心してB型肝炎給付金の相談ができるでしょう。

政府が和解勧告受け入れる方針を確認 B型肝炎訴訟

集団予防接種が原因でB型肝炎に感染したとして患者らが国に損害賠償を求めている裁判で、政府は、裁判所の和解勧告を受け入れる方針を確認しました。

公開日:2010/05/10

絶対に損しない!B型肝炎給付金請求の弁護士費用について

B型肝炎給付金請求について、ご依頼者が絶対に損しない、みお綜合法律事務所の弁護士費用について。

公開日:2018/02/24

債務整理NOWホーム 弁護士 司法書士相談 債務整理 過払い請求 過払い 過払い大阪 交通事故慰謝料 交通事故相談 交通事故弁護士 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟